塗料専門店直営の通販サイト Internet Paint Shoppe ぺいんとわーくす(R)
当店は、主に自動車塗装用ウレタン塗料を中心にして展開する、通販ショップです。
住宅外壁など
▼建物の塗装はこちら▼
ぺいんとわーくす建物館
トップページ サイトマップ お支払方法 配送料金 カートを確認 お問合せ先
  トップページ缶スプレー塗料ステンレス塗料スプレー
■ 商品検索 ■

■ 取扱商品メニュー ■
2液型ウレタン塗料
1液型ベースコート塗料
調色配合サービス
粉末状塗材
パテ類・下塗塗料
缶スプレー塗料
・ 2液型ウレタンクリヤー
・ アクリルラッカー
・ シャーシーブラック
・ 多用途プライマー
・ 比色用ツヤ出し剤
・ 耐熱スプレー塗料
・ ラッカープラサフ
・ サビ止め塗料
・ ローバル
・ ローバルアルファ
・ ローバルシルバー
・ スプレーボディシュッツ
・ スプレーチップガード
・ ボデーコーティング
・ メッキ装飾スプレー
・ メッキ補修スプレー
・ ステンレス塗料
・ スプレーのり
塗装機器
お役立ちアイテム
マスキング用品
研磨剤・研磨機器
安全衛生保護具
参考資料

■インフォメーション■
ご注文方法など
商品取扱上の注意事項
よくあるご質問
解説コラム集
塗膜の欠陥と対策
特定商取引法に基づく表示
プライバシー・ポリシー

缶スプレー塗料
◎ ステンレスコート スーパーブライト【装飾用SBタイプ】
ステンレスコート・スーパーブライト スプレー
純ステンレスの被膜を形成するスプレー。
さらに磨き上げることで、金属光沢の鏡面仕上に。
 ステンレスコートはスプレーするだけで簡単にさまざまな材質の表面にステンレス(316-L)の連続皮膜を形成します。
 スプレーをしたままの状態は、梨地のダル仕上け(SUS-#1相当)。
 更に磨き上げることで、美しい金属光沢の鏡面仕上げ(SUS-BA相当)にすることも可能です。
【クロームメッキと同等の仕上がりとはなりません】
色 調  研磨前 : シルバーグレー
 研磨後 : 金属光沢
内容量 200mL
標準塗装面積 約1m2(1回塗り)
推奨膜厚 40〜50μm
指触乾燥 約30分(20℃)
通常使用可能な
乾燥状態
約24時間(20℃)
完全乾燥 約7日(20℃)
耐熱温度 110℃
ステンレスコート・スーパーブライト
クリックすると拡大します。
商品名 販売単位 販売価格(税別) 注文数 カートに
入れる
ステンレスコート スプレー
スーパーブライト
1本 3,000円
小箱(12本入) 34,570円
(1本あたり2,880円)
原則的に返品不可。詳細はこちら
《金属光沢研磨》
【1】 金属光沢研磨仕上げを行う場合は、研磨時の削りすぎによる素地の露出が発生しないように5〜6回の塗り重ねで、厚膜に塗装してください。 金属光沢研磨仕上げ
クリックすると拡大します。
【2】 塗装後、48時間以上(20℃)充分に乾燥させて、完全に塗膜を硬化させてから研磨を行ってください。
硬化が不十分の場合は、研磨しにくい上に、鮮明な光沢が得られません。
【3】 完全硬化後、P1500〜2000の耐水サンドペーパーを使用して水研ぎ研磨を行い、塗装肌表面の凹凸を削り、平滑に仕上げます。
【4】 スポンジバフまたは柔らかい布ウエスで、極細目コンパウンドを使用して、サンドペーパーの研磨痕を磨き消します。
【5】 新しい別の、スポンジバフまたは柔らかい布ウエスで、超微粒子コンパウンドを使用して、仕上げ研磨を行います。
【6】 研磨終了後は、柔らかい布と中性洗剤で水洗いを施し、研磨汚れを洗浄してください。

《使用用途》
●ステンレスの質感や堅さ、保護機能などを与えたいとき。
 たとえば厨房機材、食品関連機械、医療用機材等ステンレスと鉄を併用している機械や機材・部品などの鉄部分にステンレスの代用としてお使いください。
 もちろん鉛や着色剤等、有害物質は一切含んでいませんので、食品プラントや医薬品プラントにも安心して使っていただけます。
●ステンレスの保温効果を与えたいとき。
 たとえばタンク、冷凍冷蔵室、ダクト、冷暖房配管、屋根などに使うことにより、保温・断熱効果が得られ省エネに役立ちます。
 (タンク内面等、水や薬液に浸かる用途には適しません。)
●金属の質感や表面機能を与えたいとき。
 金属のほかに、木・石・陶器・レンガ・コンクリート・ガラス・プラスチック・ゴム・皮革・布・紙など、さまざまな材質の表面にステンレスの皮膜を形成できます。
 その他、傷や摩擦に強い性能を生かすなど、さまざまな用途があります。

《使用上の注意》
塗装面はあらかじめ、脱脂剤を使用して、付着している油脂分を充分に除去してください。
鉄部に塗装する場合は、下層からのサビによる劣化を防ぐため、サビ止め塗料を下塗してください。
非鉄金属・プラスチック等へ塗装する場合は、付着性を確保するため、適切なプライマーを下塗してください。
一度に厚塗りをすると、垂れたりムラになる原因となりますので、20〜30分の間隔をあけて、薄く均一に塗装をし、少なくとも2〜3回塗り重ねてください。

《被膜形成》
 スプレーすることにより幅10ミクロン、長さ30ミクロン、暑さ0.3ミクロンの木の葉状の316−Lステンレス皮膜箔片が1枚1枚積み重なって魚のウロコのように、連続した積層ステンレス皮膜を形成します。
ステンレス箔片
 この高密度に集積したステンレス箔片を特殊なポリウレタン樹脂で強固に結合させ、あたかも1枚のステンレス板の如くに仕上がります。
ステンレス被膜の形成
トップページ  サイトマップ  お支払方法  配送料金  カートを確認  お問合せ先

■ 商品検索 ■
Copyright (C) 2003-2014 SEIKO TORYO CO.,LTD. All rights reserved. ぺいんとわーくす http://www.paint-works.net/