塗料専門店直営の通販サイト Internet Paint Shoppe ぺいんとわーくす(R)
当店は、主に自動車塗装用ウレタン塗料を中心にして展開する、通販ショップです。
住宅外壁など
▼建物の塗装はこちら▼
ぺいんとわーくす建物館
トップページ サイトマップ お支払方法 配送料金 カートを確認 お問合せ先
  トップページ1液型ベースコート塗料硬化剤が必要となる場合
■ 商品検索 ■

■ 取扱商品メニュー ■
・ 2液型ウレタン塗料
・ 1液型ベースコート塗料
・ 調色用・一般原色
・ メタリックベース
・ パールベース
・ 特殊原色
・ クリヤー類
・ 添加剤
・ シンナー・脱脂剤
・ 調色配合セット
・ 調色配合サービス
・ 粉末状塗材
・ パテ類・下塗塗料
・ 缶スプレー塗料
・ 塗装機器
・ お役立ちアイテム
・ マスキング用品
・ 研磨剤・研磨機器
・ 安全衛生保護具
・ 参考資料

■  解説コラム  ■
・
ベースコート塗料の
使用上の注意[重要]
・
2液型ウレタンと
1液型ベースコートの違い
・ 硬化剤が必要となる場合
・ メタリックの方向性
・ パール顔料の構造とタイプ
・
パールの性質と
3コート塗装
・ プラスチック塗装と柔軟性
・ 肌伸び性と芯締まり性

■インフォメーション■
・ ご注文方法など
・ 商品取扱上の注意事項
・ よくあるご質問
・ 解説コラム集
・ 塗膜の欠陥と対策
・ 特定商取引法に基づく表示
・ プライバシー・ポリシー
1液型ベースコート塗料プロタッチ 解説コラム
ワンポイントコラム 硬化剤が必要となる場合
 1液型ベースコート塗料プロタッチは、通常使用していただく場合は、硬化剤を使用する必要はありません。
 しかし、以下にあげる条件においては、充分な塗膜性能が得られない可能性があるため、硬化剤を添加する必要があります。

3コートパール塗装のカラーベース
 パールベースには、硬化剤を加える必要はありません。
2トーンや3トーンなどで厚膜になると予想される場合
 40μm以上・塗装回数8回くらいとなると思われるときは、硬化剤を使用してください。
ボンネットの裏吹きでクリヤーコートを省略したい場合
 外部にさらされない部分のみの対応策です。通常は、必ずクリヤーコートを行ってください。
ツヤ消しクリヤーで仕上る場合
 バンパーやガーニッシュ部分の補修で、上塗りクリヤーを全ツヤ消しにしなくてはならない時。

 添加する硬化剤としては、上塗に使用するトップコートクリヤーの専用硬化剤を、それぞれ使用することができます。
 硬化剤の種類によって、プロタッチに対する配合量が異なりますので、下記を参照してください。

≪マルチトップS硬化剤マルチトップS硬化剤を使用する場合≫
 マルチトップクリヤーSH用の硬化剤、マルチトップS硬化剤をお持ちの場合は、プロタッチに以下の配合量で添加することで使用することができます。
プロタッチ主剤:マルチトップS硬化剤=100:10
プロタッチシンナー【硬化剤配合済みのプロタッチを100とした場合、80〜120の割合】
 プロタッチシンナーは、【プロタッチ主剤+マルチトップS硬化剤】を100として場合の配合量です。
 プロタッチにはもともと、塗膜に柔軟性がありますので、スポイラー用硬化剤やフレックスを添加する必要はありません。

≪マルチトップQ硬化剤マルチトップQ硬化剤を使用する場合≫
 マルチトップクリヤーQR用の硬化剤、マルチトップQ硬化剤をお持ちの場合は、プロタッチに以下の配合量で添加することで使用することができます。
プロタッチ主剤:マルチトップQ硬化剤=100:5
プロタッチシンナー【硬化剤配合済みのプロタッチを100とした場合、80〜120の割合】
 プロタッチシンナーは、【プロタッチ主剤+マルチトップQ硬化剤】を100として場合の配合量です。
 プロタッチにはもともと、塗膜に柔軟性がありますので、スポイラー用硬化剤やフレックスを添加する必要はありません。

 マルチトップハイクリヤー用硬化剤(マルチトップ7000硬化剤)ハイパークリヤー用硬化剤も、同じ配合比率5%でご利用いただけます。

トップページ  サイトマップ  お支払方法  配送料金  カートを確認  お問合せ先
■ 商品検索 ■
Copyright (C) 2003-2009 SEIKO TORYO CO.,LTD. All rights reserved. ぺいんとわーくす http://www.paint-works.net/