塗料専門店直営の通販サイト Internet Paint Shoppe ぺいんとわーくす(R)
当店は、主に自動車塗装用ウレタン塗料を中心にして展開する、通販ショップです。
住宅外壁など
▼建物の塗装はこちら▼
ぺいんとわーくす建物館
トップページ サイトマップ お支払方法 配送料金 カートを確認 お問合せ先
  トップページ1液型ベースコート塗料プラスチック塗装と柔軟性
■ 商品検索 ■

■ 取扱商品メニュー ■
・ 2液型ウレタン塗料
・ 1液型ベースコート塗料
・ 調色用・一般原色
・ メタリックベース
・ パールベース
・ 特殊原色
・ クリヤー類
・ 添加剤
・ シンナー・脱脂剤
・ 調色配合セット
・ 調色配合サービス
・ 粉末状塗材
・ パテ類・下塗塗料
・ 缶スプレー塗料
・ 塗装機器
・ お役立ちアイテム
・ マスキング用品
・ 研磨剤・研磨機器
・ 安全衛生保護具
・ 参考資料

■  解説コラム  ■
・
ベースコート塗料の
使用上の注意[重要]
・
2液型ウレタンと
1液型ベースコートの違い
・ 硬化剤が必要となる場合
・ メタリックの方向性
・ パール顔料の構造とタイプ
・
パールの性質と
3コート塗装
・
プラスチック塗装と
柔軟性
・ 肌伸び性と芯締まり性

■インフォメーション■
・ ご注文方法など
・ 商品取扱上の注意事項
・ よくあるご質問
・ 解説コラム集
・ 塗膜の欠陥と対策
・ 特定商取引法に基づく表示
・ プライバシー・ポリシー
1液型ベースコート塗料 解説コラム

ワンポイントコラム プラスチック塗装と柔軟性
 1液型ベースコート塗料プロタッチは、特殊変性ポリエステル樹脂を使用しているため、乾燥後も塗膜に充分な柔軟性があります。
 そのため、2液型ウレタン塗料の場合と異なり、プラスチック素材などの柔軟性のある素材に対して塗装を行う場合でも、特別な措置は必要ありません。

 しかし、1液型ベースコート塗料プロタッチは、必ず上塗クリヤーを塗装する必要がありますので、プラスチック素材へ塗装を行う場合、この上塗クリヤーに柔軟性を持たせる必要があります。
 また同様に、下塗であるプラサフにも柔軟性を考慮する必要があります。

 上塗専用のマルチトップクリヤーSHマルチトップクリヤーQR、および下塗のミラクルプラサフHBには、フレックスまたはハイフレックスを使用して柔軟性を付与することができます。
 (マルチトップハイクリヤーおよびハイパークリヤーに対しては、フレックスのみが使用可能です)
 【通常の柔軟性塗装がフレックス】【高柔軟性塗装がハイフレックス】、とお考えください。

通常のプラスチック塗装
プライマー塗装
または
または

プラサフ塗装
ミラクルプラサフHB(主剤) 100
フレックス 25
プロタッチシンナー 30〜50

カラー塗装
プロタッチ 100
プロタッチシンナー 80〜120

クリヤー塗装
マルチトップクリヤーSH(主剤) 100
フレックス 33
プロタッチシンナー 20〜30
高柔軟性プラスチック塗装
プライマー塗装
または
または

プラサフ塗装
ミラクルプラサフHB(主剤) 100
ハイフレックス 25
プロタッチシンナー 30〜50

カラー塗装
プロタッチ 100
プロタッチシンナー 80〜120

クリヤー塗装
マルチトップクリヤーSH(主剤) 100
ハイフレックス 40
プロタッチシンナー 20〜30

 なお、1液型アクリルプラサフ 1Kマルチプラサフも、プロタッチの塗膜と同様に、乾燥後も充分な柔軟性があります。
 したがいまして、こちらのプラサフを下塗に使用する場合は、柔軟性を考慮する必要があるのは上塗クリヤーのみとなります。

 ちなみに、これら柔軟性硬化剤(フレックスまたはハイフレックス)を使用すると、マルチトップクリヤーミラクルプラサフHBともに、それぞれの専用硬化剤を使用した場合と比較して、反応機構上、塗膜の硬化がやや遅くなりますので、乾燥時間などにご注意ください。
トップページ  サイトマップ  お支払方法  配送料金  カートを確認  お問合せ先
Copyright (C) 2003-2015 SEIKO TORYO CO.,LTD. All rights reserved. ぺいんとわーくす http://www.paint-works.net/