塗料専門店直営の通販サイト Internet Paint Shoppe ぺいんとわーくす(R)
当店は、主に自動車塗装用ウレタン塗料を中心にして展開する、通販ショップです。
住宅外壁など
▼建物の塗装はこちら▼
ぺいんとわーくす建物館
トップページ サイトマップ お支払方法 配送料金 カートを確認 お問合せ先
  トップページパテ類・下塗塗料目的別のパテの選び方
■ 商品検索 ■

■ 取扱商品メニュー ■
・ 2液型ウレタン塗料
・ 1液型ベースコート塗料
・ 調色配合サービス
・ 粉末状塗材
・ パテ類・下塗塗料
・ パテ類
・ プライマー
・ プラサフ
・ サビ対策
・ 木部用シーラー
・ 缶スプレー塗料
・ 塗装機器
・ お役立ちアイテム
・ マスキング用品
・ 研磨剤・研磨機器
・ 安全衛生保護具
・ 参考資料

■  解説コラム  ■
・ 目的別のパテの選び方
・ ラッカータイプと2液タイプ
・ プライマーと
プラサフの違い
・ 下塗色の正しい選び方

■インフォメーション■
・ ご注文方法など
・ 商品取扱上の注意事項
・ よくあるご質問
・ 解説コラム集
・ 塗膜の欠陥と対策
・ 特定商取引法に基づく表示
・ プライバシー・ポリシー
パテ類・下塗塗料 解説コラム
ワンポイントコラム 目的別のパテの選び方
 パテを選ぶときのポイントは、おおきくわけて2つあります。

 ひとつめのポイントは、どんな素材に盛付けるのかということです。
 通常の自動車補修用のパテは、基本的に鉄(鋼鈑)に対してしか付着性がありません。
 また、硬化後は硬くなるため、プラスチックなどの柔軟性のある素材に盛付けた場合、動きに追随できずにひび割れてしまう可能性があります。

パテの種類 盛付対象の素材
(鋼鈑)
防錆鋼鈑
(鉄+亜鉛合金)
高張力鋼鈑
(ハイテン鋼鈑)
非鉄金属
(アルミ,ステンレスなど)
プラスチック
(PP,ABS,FRPなど)
木材 旧塗膜
クイックパテ・シリーズ
クイックパテ
シリーズ
× × ※1) ※2)
ロックポリパテ・シリーズ
ロックポリパテ・シリーズ
× × × × ※1) ※2)
ロック・ファイバーパテ
ロック・ファイバーパテ
※3) × × ※1) ※2)
アルミパテ防錆
アルミパテ
防錆
※3)
ニューエイジパワーアップ2
ニューエイジ
パワーアップ2
3M 樹脂パテ一番
樹脂パテ一番
× × × ※4) × ×
ロック・バンパーパテ
ロック
バンパーパテ
× × × ※5) × ×
ECOパテシリーズ
ECOパテ
シリーズ
※6) × ×
 ※1)P80程度の目荒しを行ったうえで、経験的に使用されているが、メーカーでの保証はなし。
 ※2)補修塗装前処理として、凹み部分周辺(フェザーエッジ)に掛かる程度であれば可能。旧塗膜前面への付着性は保証外。
 ※3)付着性はあるが、硬化後の収縮によって、鋼鈑を反り返らせてしまう危険性がある。
 ※4)PPに対してのみプライマー不用で使用可能
 ※5)適宜プライマー(樹脂パーツプライマー)が必要
 ※6)硬化後にも柔軟性のあるポリベースのみ。適宜プライマーが必要

硬化後に硬くなるタイプ 硬化後も柔軟性を保つタイプ
クイックパテ・シリーズ
クイックパテ・シリーズ
ロックポリパテ・シリーズ
ロックポリパテ・シリーズ
ECOパテ2・中間ベース&鈑金ベース
ECOパテ2・中間&鈑金
ロックファイバーパテ
ロックファイバーパテ
ラッカーパテ
ラッカー・スポットパテ
アルミパテ防錆
アルミパテ防錆
プラスチック用パテ
プラスチック用パテ各種
ECOパテ2・ポリベース
ECOパテ2・ポリベース
 『盛付ける素材に対して付着性が充分であるのか?』
 『硬化後のパテに柔軟性が必要であるのか?』

という2点から種類を選定することができます。

 ふたつめのポイントは、どのくらいの厚みを盛付けるのかということです。
 パテにはそれぞれ『最大膜厚』という、盛付けることができる限界の厚み、というものが設定されています。
 この充填可能な深さ以上に、無理に盛り付けると、硬化後に異常にヤセてしまったり(体積減少)、 割れたり剥がれたりしてしまいます。

1mm未満 3mm以下 10mm以下 20mm以下
ファイバーパテ粗目成形用
クイックパテ80LS
クイックパテ120LS
クイックパテ180LS
ロックポリパテ中目
ロックポリパテ細目仕上用
ECOパテ2・ポリベース
ECOパテ2・中間ベース
ECOパテ2・鈑金ベース
アルミパテ防錆
プラスチック用パテ
ラッカーパテ
 しかしだからといって、最大膜厚の大きいパテさえあれば、すべての凹みが埋められる、というわけではありません。
 厚付け用のパテは粒子が粗くできているので、小さな傷を埋めようとすると素穴が開きやすく、きれいに仕上がらないからです。

 パテ作業は基本的に、
   @【厚付け用パテで凹みを埋める】
   A【薄付け用パテで、厚付けパテの素穴を埋めて修正する】
という2段階で使用するのがセオリーです。
 例外として、中間タイプのクイックパテ120LSならば、7mmまで凹みを埋めることができ、その上に厚膜型プラサフミラクルプラサフHBロックプラサフ・クライマックスを塗装することで、ラッカーパテ作業を省略することができます。
(同様に3mm未満の凹みであれば、クイックパテ180LSロックプラサフ・クライマックスだけで対応可能です)
トップページ  サイトマップ  お支払方法  配送料金  カートを確認  お問合せ先

■ 取扱商品メニュー ■
・ 2液型ウレタン塗料
・ 1液型ベースコート塗料
・ 調色配合サービス
・ 粉末状塗材
・ パテ類・下塗塗料
・ パテ類
・ プライマー
・ プラサフ
・ サビ対策
・ 木部用シーラー
・ 缶スプレー塗料
・ 塗装機器
・ お役立ちアイテム
・ マスキング用品
・ 研磨剤・研磨機器
・ 安全衛生保護具
・ 参考資料

■  解説コラム  ■
・ 目的別のパテの選び方
・ ラッカータイプと2液タイプ
・ プライマーと
プラサフの違い
・ 下塗色の正しい選び方

■ 商品検索 ■
Copyright (C) 2003-2017 SEIKO TORYO CO.,LTD. All rights reserved. ぺいんとわーくす http://www.paint-works.net/